GitOps?

構築環境


実行環境の構築

Gitlabのインストール

microk8sのインストール

$ sudo snap install microk8s --classic

インストールの確認

$ sudo microk8s status --wait-ready

自分を microk8s の管理ユーザにする

$ sudo usermod -a -G microk8s $USER

alias を設定して kubectl を使えるようにする (~/.bash_aliases は、~/.bashrc から読み込まれる)

$ cat ~/.bash_aliases 
alias kubectl='microk8s kubectl'

Terminal再起動か、$ source ~/.bash_aliases コマンドを実行して、構築確認を行う

$ kubectl get nodes
NAME   STATUS   ROLES    AGE   VERSION
gpu1   Ready    <none>   38h   v1.20.4-34+1ae8c29bbb48f7

microk8sのデータ領域の変更 (うまく行かない)


microk8sのaddonの導入

$ sudo microk8s.enable rbac dns storage gpu
$ sudo microk8s.enable metallb
Enter each IP address range delimited by comma : 192.168.10.100-192.168.10.132
 
$ microk8s.status 
microk8s is running
high-availability: no
  datastore master nodes: 127.0.0.1:19001
  datastore standby nodes: none
addons:
  enabled:
    dns                  # CoreDNS
    gpu                  # Automatic enablement of Nvidia CUDA
    ha-cluster           # Configure high availability on the current node
    metallb              # Loadbalancer for your Kubernetes cluster
    rbac                 # Role-Based Access Control for authorisation
    storage              # Storage class; allocates storage from host directory

Ingress や Prometheus, Fluentd なんかは、Gitlab からインストールするので、microk8s でインストールする addon は必要最低限のものにとどめておく

microk8s 側で Gitlab に設定する内容を取得

Gitlab と microk8s の連携設定

Ingressのインストール

basedomainの設定

Prometheusのインストール

Gitlab Container Registry

Gitlab Runner

Docker のインストール

【書き途中】今宵はここまで

参考文献


Deep Learning


添付ファイル: filebasedomain.png 103件 [詳細] fileprometheus.png 96件 [詳細] fileerror01.png 97件 [詳細] fileerror02.png 93件 [詳細] filegitlab01.png 114件 [詳細] filegitlab02.png 104件 [詳細] filegitlab03.png 90件 [詳細] filegitlab04.png 108件 [詳細] fileingress.png 88件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2021-05-17 (月) 11:56:27 (77d)
Short-URL:
ISBN10
ISBN13
9784061426061